FOG JOURNAL

麻のバック


fogオリジナルの麻のバック
たくさんの形や色があって、いくつも持っているのに
また欲しくなってしまいます。
いつも大きめのものにはノートやお弁当、ストールなどをドンドン入れて、
薄いものはリサイクルバックに。
もちろんジャブジャブ洗濯も出来ます。
私にとって麻のバックは外出のときの大事な相棒なのです。

渡辺 有子ちゃんとモールグラス ・その2


料理研究家の渡辺有子ちゃんが企画したモールグラスです。
パリで見つけたアンティークのグラスを再現したもの。
すっきりとしたデザインが素敵です。
このグラスは一つ一つ手吹きされていて、
高さは12.5cm、直径は5cmほど。
彼女はこれにどんな飲み物をいれるのかしら。
きっとものすごーく美味しいに違いありません。

渡辺 有子ちゃんとモールグラス


料理家の渡辺有子ちゃん。
素材をいかしたおいしいものを瞬く間につくる人。
すごくシンプルなのだけど、意外な組み合わせの
美味しさにいつも驚かされます。
どうしてこの組み合わせを思いつくのか、
彼女の頭の中を覗いてみたいと思ってしまう。
二人でいると朝から晩まで美味しいものの話ばかり。
永遠につきることはなし。

tastemakersの折りたたみスツール


今fogのshopではthe tastemakers&co.のポップアップショップを
展開していて、この折りたたみスツールもそのひとつ。
夏らしい縞の組み合わせがいい感じです。
こんなスツールを持って海にでもいきたいな。
海をみながらキリリと冷えた白ワインを飲む
なんて、想像が止まらない私です。

fogのキッチン


fogのshopの2階にはキッチンのついたスーペースが
あって、時々スタッフがここで料理を作ってみんなで
食事をします。そんなときは「fog食堂 本日開店」と
メールでお知らせ。忙しい仕事の合間にちょっと一息。
なんだかとっても豊かな時間なのです。
木曜日はここでセールをする予定。
ぜひいらしてくださいね。

ベビーブランケット



柔らかくて、思わずうっとりするような肌触りのベビーブランケット
これを触っているとなんだか眠くなってくるのは私だけ?
ベビー用とはいわず、ぜひ大人にも。
お昼寝のときにおなかにかけたりするのにちょうどいいのです。
ちなみに一緒に写っているフェルトの白鳥も売り物。
最後の一羽。なんとドイツ製です。

伊藤 まさこちゃん


fogのshopに遊びに来てくれました。
ゆったりとしたイメージだけど、実はものすごーく
決断力があってなにをするにも早い人。
お互いの娘の年が近いので、よく娘たちの話に。
そのときばかりはママの顔になります。
彼女のつくり出す世界が好き。

cutting board


うちにあるカッティングボードは大きいのと小さいの。
小さい方は果物用、と決めています。
このfogオリジナルのカッティングボードも、果物を切って
そのまま出すのにぴったり。この素材のアカシアの木には、
人に贈ると贈られた人がしあわせになるという言い伝えがあるのだとか。
そんな話をきいてから、すぐに誰かにプレゼントしたくなりました。

麻の靴下


fogで仕事をするようになってから麻の靴下の
気持ち良さを知りました。
肌触りはどちらかというとサラサラというよりザラザラ
なのだけど、これがなんとも気持ちよいのです。
ザブザブ洗って、お日さまの下にこの靴下がぶらさがって
いるとしあわせな気持ち。

fogのアイドル


夕方、ガラス張りのshopの外をなにげなく見ていると
来ました!ポメラニアンのポンゴちゃんです。
つぶらな瞳、白とグレーの毛、憎めない体型。
彼には、どれをとっても人々をうっとりとさせる
魅力があるようです。お客さまにも大人気。
shopのコンクリートの冷たい床に
ペッタリと寝て夕涼み。fogのアイドルです。