FOG JOURNAL

sherryさんのアートワーク


今回の展覧会の為の作品にはお皿だけでなく
素敵な絵もたくさん。
彼女の絵のモチーフと色はどれも柔らかく女性的なのに
強く印象に残る何かがあるような気がします。
描く素材は紙だったり木だったり。
似ている絵でも全く違った印象になって
見ていて楽しい気持になるのです。

sherry olsenさん


今日からsherry olsen展がはじまりました。
sherryさんはご覧のとおり
とってもチャーミングで気さくな人。
彼女の描く絵やお皿の模様にその人柄が表れているようです。
明日からも時間によっては会うことが出来るかも。
チャンスがあったらぜひ、話しかけてみてくださいね。
sherry olson展は11日金曜日まで。

ストライプコットンテープ

fogのshopにも少しずつ冬の足音が近づいてきました。
みちのくあかね会のマフラーや帽子、
リトアニアからの模様の入った手袋などなど温かいものがたくさん。
ギフトも増えてきています。そろそろクリスマスプレゼントや
お世話になった方への贈り物の時期でしょうか。
私も贈りものを自分でラッピングをするときはこんなさっぱりとした
コットンテープで。
豪華なリボンよりほんの気持ち、のさりげなさが伝わる気がして。

ストライプバドベース


こんなことを言ったらお花の教室をやっている友人に
怒られそうだけど、花はアレンジメントより
同じ種類のものをどさっと活けるのが好きです。
もちろん水を替えるのが楽だからではなく
(それもちょっとあるけど)同じ花にも
いくつもの表情があってそれを眺めるのが好きだからです。
その中の1番きれいな1本を抜いて
ワイヤーのフラワーベースに挿します。
色のない部屋に花が1輪あると
部屋中の空気がやわらかくなるのです。

erica tanov のブラウス


先週erica tanovの服がshopに入ってきました。
いままで毎シーズン、少しずつ入荷していたのですが
残念ながら今回でおしまいなのですって。
そのなかの1枚、この美しいブラウスの柄は「fog」といいます。
まるで霧のような模様だからでしょうか。
大人の女性に。

happy birthday music box


こちらは小さなオルゴール。レバーをくるくる回すと
ハッピーバースデーの音楽がポロポロと流れてきます。
歌うかわりに耳元でこのオルゴールを鳴らす
なんていうのも良いかもしれません。
以前これを買ってくださったのはイタリアン
レストランのシェフ。お客さまのお誕生日に
このオルゴールをテーブルの上で鳴らすのですって。
なんだかとってもステキです。
レストランの場所を訊き忘れたこと、いまでも
後悔しています。

happy birthday card


誕生日はいくつになっても喜ばしい日であってほしい
と思うから、あのひとへ、このひとにも
あれこれ考えて贈りものをします。
贈りものにつけるカードには 
さりげなくて気の利いたひとことを
さっと書くのが理想なのだけど、
これがなかなかむずかしいのです。
昔からの友人は毎年ちょっとしたものと
さりげないひとことを贈ってくれます。
私もあんな風になれたらいいな。

新しいパッケージデザイン


リネンのハギレやリネンのテープ、ボタンなどの
ハンドメイドシリーズのパッケージが新しくなりました。
これはfogのキッチンクロスや洋服になった生地が
ハギレやテープになっておまかせでパックされているもの。
中身も少し新しくなっています。
ささやかなマイナーチェンジ、でちょっと新しい気分。

balleys展 その2


今日はmarkのトランクショー。
トランクショーとは自分の売りたいものを
トランクにつめて持っていき、お店を開くこと。
markのトランクには、ヴィンテージのおもちゃの車や
子供用の洋服、ミニチュアアイロンとアイロン台、
ティーカップにレースのドイリーなどなど。
まだまだたくさん詰まっています。
今度は何が飛び出すの?それは午後からのお楽しみ。

baiieys展


今日と明日の2日間、fogの2階で行われているballeys展。
markとsallyの提案するセンスあふれる商品が
たくさん揃っています。
お菓子は彼らのレシピをライターの奥田香里さんが
作ってくださいました。フォークの左隣が
フルーツケーキ、その上がショートブレッド、
そのまた右隣がバラブリスというウエールズの伝統的な
お菓子。どれも紅茶にあうものばかりです。
明日もまだご用意があります。
markのトランクショーの予定もあり。
ぜひいらしてくださいね。